クレジットカードの在籍確認は本人が不在の場合はどうなる?

クレジットカードの在籍確認は本人が不在の場合はどうなる?

 
クレジットカードの在籍確認の電話連絡は本人が不在の場合、どうなるのでしょうか?
クレジットカードの申込みみで職場への在籍確認の電話があることは少ないのですが、場合によっては必要になります。この場合、自分がいつも職場にいればいいのですが、外出していたり、休暇の場合だったりしたらどうなるのでしょうか。

 

消費者金融も申込みの際に在籍確認の電話がありますが、大抵申込みをした日にかかってくるため、事情が許せば社内待機することも可能です。しかし、他社のクレジットカードの審査は申込みをしたその日にすべて終わるとは限りません。

 

他社のクレジットカードの場合、在籍確認の電話をするタイミングは、審査がすべて終了してからです。そのため、申込みをした日にかかってくることはほとんどなく、忘れたころにかかってくることもあります。

 

この場合、自分が社内に待機しているかどうかは不明確です。事前に連絡があればいいのですが、他人の代弁を防ぐために、抜き打ち的に在籍確認の電話をすることもあるのです。

 

しかし、電話をして本人が不在である場合は、不在だと確認できた時点で在籍確認の目的は達せられたので、在籍確認をするための理由では二度と電話がかかってくることはありません。

 

在籍確認の後に申込み者の携帯電話に「会社に電話しましたが留守だと確認できました」と連絡が来る程度です。帰社すると「不在時に電話がありました」と電話メモが残っているだけでしょう。それ以上はありません。消費者金融側が本人不在の会社に「勤務態度」や、正しい「年収」「勤続年数」など個人情報を聞き出すようなことは決してありません。

 

在籍確認の目的は、申込みされた本人が本当にその会社で働いているかどうかです。そのため、休暇であろうと出張であろうと、申込みの事実を知らない他人が「その人は今不在だ」と伝えてくれればそれでいいのです。

 

在籍確認の電話があると言われると、自分が絶対に電話で相手と話をしなければいけないと思われがちです。しかし、実際にはそのようなことはなく、不在であっても在籍していることがわかればそれでいいのです。

 

逆に電話に本人が対応してはいけないと考えている方もいらっしゃるようです。在籍確認の審査としての正確性を考えると確かにそうかもしれません。本人が対応したり、電話連絡の時間をお願いしたりすると本当に在籍確認の審査と言えるのか、と疑われる方もいるかもしれませんが、本人が電話対応しても審査は問題なく通過したことになります。電話番号から勤務先の確認はできますから、そう勘ぐることもないでしょう。