派遣社員の場合はクレジットカードの在籍確認審査はどうなるの?

派遣社員の場合はクレジットカードの在籍確認審査はどうなるの?

 
派遣社員の方が消費者金融に申込む場合は正社員と比べると審査は若干厳しいかもしれません。
金融機関から見ると、アルバイトやパートよりは良いものの、やはり収入が安定していない職業と捉えられてしまって信頼度は高くはありません。

ですが、派遣社員と言っても正社員と同じくらい働いている方から、登録だけしていてあまり稼働していない方など様々ですが、その状況によって信頼度は変わってきます。

最も違いがはっきり別れるのが健康保険証の違いです。
通常、正社員の方なら必ず社会保険証を持っていますが、それ以外の非正規雇用者の場合のほとんどが国民健康保険になります。

ですが、派遣社員の方でも社会保険証を持つことが出来ています。そして正社員と同じくらいの信頼度を得ているようです。

社会保険証はどうして信頼度が高いのでしょうか?
会社が発行する健康保険証ですから、会社に在籍している証明書になります。国民健康保険では本人確認の証明書にしかなりません。

消費者金融によっては、社会保険証を提示することで、在籍確認の際に必ず行われる電話連絡を省くことが可能なんです。電話で確認しなくても、書類で確認できるのは申込み側としてはとても安心できることです。さらに正社員の場合ですと、社員証も証明書類としてはとても有効です。

 

派遣社員の方でも消費者金融に申込むことは出来ます。ですが、審査にスムーズに通るには、国民健康保険証よりも社会保険証に変えることが近道ではないでしょうか。

在籍確認の電話連絡は派遣会社と派遣先のどちらにかかってくるのでしょう?
派遣社員の場合は、派遣登録している派遣会社と、勤務している派遣先がありますね。消費者金融に申込む際に勤務先を記入しなければなりませんが、これは間違いなく登録している派遣会社になります。
例え、ほとんど顔を出したことがない派遣会社でも、登録して籍を置いているのは派遣会社なんです。正社員と同じくらいに毎日勤めているとしても、派遣先を申込みの際に勤務先として記入することは出来ません。

 

実際にそういう方はいます。普通に間違えて派遣先を勤務先として記入したのか、在籍確認の電話連絡があったときに、自分で電話対応ができるのが派遣先だからと思ったのか、それとも派遣先が大企業で審査に良い結果を生むのでは、と考えたか。どちらにせよ、派遣先の会社に迷惑がかかることですからやめましょう。