日雇い派遣の在籍確認について

日雇い派遣の在籍確認について

 
日雇いなどの派遣の仕事をしている人がクレジットカードを発行しようとした場合、一番の壁が職場への在籍確認です。
しかしアコムのマスターカード(クレジットカード)なら、日雇い派遣でも問題なく審査に通りますし、最近は消費者金融であるプロミスやモビットのような大手は、在籍確認を省略する申込方法を準備しています。

しかし、日雇い派遣の仕事をしていると、大手のクレジットカード会社では審査に通らない場合も多いようですので、やはり確実にカードを発行したい場合はアコムのマスターカードがおすすめです。

 

クレジットカードを発行する場合、在籍確認が難しくなるのではないかと思われるため、申し込み自体を躊躇している例が少なくありません。ですがそのような心配はありません。

 

しかもアコムのマスターカードであればぱっとみただけではアコムのそれとはわかりません。通常のマスターカードにしか見えませんので、人目が気になる方でも安心です。

 

そして、日雇い派遣の人であっても、勤務先は派遣元会社であり、在籍確認の電話は派遣元の会社にしてもらうことになります。消費者金融への申込書にも勤務先には派遣元の会社名を書くことになるはずです。

消費者金融を含む多くの金融業者が審査で最も重要視するのは毎月の安定した収入です。日雇いの方の問題はそこです。ですが、不安定の度合いは消費者金融側に判断してもらうのが良いかもしれません。3ヶ月分、5ヶ月分と長期で見て判断してもらえると、安定の範囲と受け止められるかもしれません。

 

在籍確認の電話は何かと嫌われるのですが、担保や保証人の必要のない消費者金融としては貸金回収の原資となるものが本人の給与収入だけなので、確実に働いている事実を確認しな限り融資契約を結ぶことはできません。

 

そのため、派遣元に在籍確認の電話対応をしてもらうことを回避することは難しいと考えた方がいいでしょう。それよりも、派遣元の人に自分宛てに電話が入るため対応をしてもらいたいとはっきり言ったほうがいいでしょう。クレジットカード会社からの連絡と伝えれば問題ありません。実際にクレジットカードの審査ですし、アコムと名乗ることは決してありません。

 

人によっては派遣先の会社名を申込書に記載しているケースもありますが、消費者金融側で在籍確認の電話をした際に「そのような人はいません」と取り次いでもらえないと、審査が一発で飛びます。

 

消費者金融は虚偽記載を非常に警戒しており、虚偽事実がわかると信用が著しく落ちるのです。日雇い派遣の方は、信用力が低いと言われているため、信用を上げることが必須です。申請すべきことはきちんと正直に言うべきでしょう。