クレジットカード審査の難易度は会社によって違う?

クレジットカード審査の難易度は会社によって違う?

 
クレジットカードのローンを利用したいのだけど審査になかなか通過できない。

という方はいったい何が原因なのでしょうか?

クレジットカードの審査に申し込む際にまずWEBの申し込みフォームに細かい内容を記載します。

カード会社によって内容は若干違いがありますが、名前や住所などの他に年収や勤続年数、持ち家か賃貸か、他に借り入れしているところはないかなどを記載します。

 

その内容から審査をされますが、それだけでなくクレジットカード会社は信用情報機関で申し込み者の過去の金融機関の利用履歴を調べることができます。

 

もし、審査に有利だからと実際の内容とは違う、多少の虚偽などの内容を申し込みフォームに記載をしてもすべてそれはバレてしまうということですので、申し込みフォームに記載する内容は正直に現状を記載することが大切です。

 

信用情報は一定の期間が経過すると登録情報などは無くなりますが、取引情報や返済内容や契約、金融事故などの記録は5年間登録されますので過去にそういったことがある場合は審査に通過するのが厳しくなるのが現状です。

多重債務や金融事故などが無ければ信用情報が審査に落ちる原因であるとは限りません。

ですが、クレジットカード会社によって多少、審査を重視するポイントに違いがあります。希望金額が大きすぎたりするのも原因という場合があります。

あとは、一番おすすめなのがアコムのマスターカード。
通常のクレジットカード同様の機能を持ちながらも、普通のクレカ審査よりも審査の難易度が低めなので過去にカード審査に落ちたことがある人はこちらをおすすめします。
さらにアコムであれば3秒診断で審査に通過できるかどうかがわかります。

この3秒診断は信用情報に残ることもなく、何度でも試すことができますので申し込みを行う前に診断してみればおおよその目安となります。

 

また他のクレジットカードとは違い、即日発行というのが大きな特徴と言えます。申込んだその日にクレジットカードを受け取る事も可能なので、すでに持っているけどショッピング枠を限度額いっぱいに使ってしまっていたり、まだ持っていないけど、どうしても今日中に購入したい商品がネットショップでクレカでしか買い物ができない等。通常のクレジットカードなら申込んでから発行まで1週間前後かかってしまいます。ですが、アコムのマスターカードなら受け取ってすぐにショッピングも可能なんです。