消費者金融が審査に利用している信用情報機関とは?

消費者金融が審査に利用している信用情報機関とは?

 
消費者金融では申込みの際に申込みされるお客様の情報を入力してもらいそれを元に審査を行いますが。それ以外にも審査の材料として、申込者の過去の金融機関の利用履歴が必要になります。
そのために利用するのが「信用情報機関」というものです。日本には主に3社ありますが、消費者金融やクレジットカードを調べるのに利用しているのが2社の「JICC」と「CIC」になります。

この「信用情報機関」で扱っている情報により、過去にトラブルがなかったかを調べることが出来ます。トラブルとは、返済の遅れや、支払いの放棄などです。

 

もちろん、過去に一度も消費者金融を利用したことがない方、クレジットカードを利用したことがない方でしたら、ここには情報は載っていないので、心配することはありません。

 

ですが、この「信用情報機関」では、携帯電話の支払い状況も残っています。携帯電話は本体の代金を分割で、通話料とまとめて月々の支払いにしています。その支払状況の履歴が残っているんです。携帯電話の支払いに遅れたことがあれば、もしかしたら履歴が残っているかもしれません。

 

消費者金融はお金を貸すわけですから、ある程度は返済能力がしっかりしているお客さんでないと契約はしたくないでしょう。過去に他の消費者金融やクレジットカード会社の返済、または携帯電話の支払いが滞りがちだったことや、支払い放棄で債務整理などの履歴があった場合は決して新規契約はないでしょう。

 

ただ、それらの履歴も情報を扱う期間があります。5年間です。それ以前の履歴は参照できないようになっています。もし、過去にトラブルがあっても、5年経過していれば履歴を照会されても残っていないということです。

 

「多重申込み」というのも履歴として扱っています。「申し込みブラック」とも呼ばれています。審査に不安だと、短時間のうちにいくつもの消費者金融に申込みをかけてしまうと、その情報が残ります。そしてお金にとても困った状態で焦って申し込んでいると判断されると、それだけで契約対象から外される可能性が高くなるので気をつけましょう。この「多重申込み」の履歴は約6ヶ月残ります。2件か3件申込んでしまったら半年は待つようにしましょう。

 

履歴審査の段階で問題があると、審査の中で最も重要である、勤務先の在籍を確認する段階までたどり着かずに「今回は見送り」ということになります。ですが、履歴が残っている以上、ここで審査に落ちたからといって、次の消費者金融にチャレンジしてみようと考えないほうが良いでしょう。申込んで審査に落ちたところまで履歴が残っていますから。

 

履歴がどうしても気になるという方は、有料ですが、自分の履歴の情報開示が可能です。消費者金融やクレジットカードに関してなら「JICC」もしくは「CIC」のどちらかで大丈夫でしょう。どちらも公式サイトから申込みができます。スマートフォンのアプリから申込みも可能です。「JICC」は情報を郵便で送ってきます。「CIC」はpdfでダウンロードで確認できます。心配ならどちらも確認してもよいでしょう。